スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大学就職率、過去2番目の低さ 高校生も2年連続低下(産経新聞)

 今春の大学新卒者の就職率(4月1日現在)は91・8%と前年同期に比べ3・9ポイント減少したことが21日、厚生労働省と文部科学省の調査で分かった。調査を始めた平成8年度以降、「就職氷河期」といわれ過去最低だった平成12年度の91・1%に次ぐ低さで、同時期の下げ幅としては過去最大。高校生の就職内定率(3月末現在)も2年連続で下落し、前年同期比1・6ポイント減の91・6%となった。

 集計によると、大学生の就職率は男子は92・0%(前年同期比3・9ポイント減)、女子は91・5%(同3・9ポイント減)。短期大学は88・4%(同6・1ポイント減)、専修学校は87・4%(同4・4ポイント減)と軒並み下落している。

 地域別では九州地区が前年同期比2・9ポイント減の88・9%で最低。次いで北海道・東北地区が同2・0ポイント減の89・3%、関東地区が同6・1ポイント減の90・6%だった。

 一方、高校生の就職内定率は男子が同1・4ポイント減の94・1%、女子は同2・0ポイント減の88・2%だった。

 厳しい就職状況を受けて厚労省は同日、大学や短大、高校などを今春卒業した若者を1カ月間、試験雇用した企業に対し、1人当たり8万円支給している「新卒者体験雇用奨励金」の対象期間を3カ月間に拡充し、最大16万円を支給すると発表した。

【関連記事】
東大並み難関大、61歳おばちゃん入学 英語漬け「留学も挑戦」
大阪で専門学校が未内定者を受け入れ 就活再チャレンジを後押し
就職氷河期 活路は「大学→専門学校」
高卒求人倍率、昨年から半減 採用メド立たず
中国で大卒者300万人が就職難
中国が優等生路線に?

小学生の携帯代増加=「月3、4千円」が最多―PTA調査(時事通信)
葵祭 王朝絵巻さながら…都大路を練り歩く(毎日新聞)
改正健康保険法が成立=協会けんぽの保険料抑制(時事通信)
"体制維持こそ重要” 崩れつつある米の対中戦略(産経新聞)
国内医療用医薬品が2ケタ増収―エーザイ(医療介護CBニュース)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。